代表ご挨拶

ウォーターフロントシティ
福岡の発展とともに。
昭和30年の創業以来、我社「ミヤガワ」は博多湾を中心に総合建設業として、主に港湾土木事業を手がけてまいりました。社会はめまぐるしい速さで、設立当初とは比べものにならない変化を遂げ、日本経済の発展は世界の動きを大きく左右するまでになっています。
特にこの福岡は、九州だけではなく、アジアの中心都市として注目を浴びる存在です。ウォーターフロントネクスト(ウォーターフロント地区再整備構想)により、今後ますます政治・経済のみならず、物流の拠点としても重要な役割を果たすことになります。
一方で、進歩していく社会のその反面、環境問題や社会問題など次々と浮かび上がっていることも現実です。
そういう時代の中で、都市開発の一端を担っている私たちが大切にしていることは、九州人・日本人ではなく「地球人の一人だ」という自覚を持ち、地球との調和を第一に事業活動を進めていくことです。
我社の成長に対して、官公庁ならびに関係各界の方々のご支援に感謝するとともに、次世代に誇れる社会を託していけるよう精進を重ねてまいります。
代表取締役 宮川 土成